シュトロースマイェル(英語表記)Strossmayer, Josip Juraj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトロースマイェル
Strossmayer, Josip Juraj

[生]1818.2.4. オシェク
[没]1905.4.8. ジャコボ
クロアチアの政治家,文筆家,カトリック司教。ジャコボ,ブダペスト,ウィーンで神学教育を受け,1842年神学博士号を取得。 50年ジャコボ司教。 48~49年 J.イェラチチの反ハンガリー政策を支持。 60~73年人民自由党党首。南スラブ人の統一を提唱し,オーストリア=ハンガリー帝国に反対。ハンガリー=クロアチア協定締結後,党首を辞任。 80年独立国民党に参加。カトリック教会とギリシア正教会の統一を主張した。 67年南スラブ科学,芸術アカデミーを創設,自分の画廊寄贈,74年ザグレブ大学を創立。民族文化の普及を目指す「マティツァ」運動およびスラブ語での出版活動を財政的に支援した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる