シュバルツシルト半径(読み)シュバルツシルトハンケイ

デジタル大辞泉の解説

シュバルツシルト‐はんけい【シュバルツシルト半径】

ブラックホールの実質的な大きさに相当する事象の地平線の半径。ドイツの天文学者カール=シュバルツシルトが、電荷をもたず球対称で回転を伴わない重力場方程式の解として導いたもので、その半径rgは、万有引力定数G、天体の質量M、光速度cにより、rg=2GM/c2と表される。シュワルツシルト半径

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android