コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュバルツシルト半径 シュバルツシルトハンケイ

1件 の用語解説(シュバルツシルト半径の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シュバルツシルト‐はんけい【シュバルツシルト半径】

ブラックホールの実質的な大きさに相当する事象の地平線の半径。ドイツ天文学者カール=シュバルツシルトが、電荷をもたず球対称で回転を伴わない重力場方程式の解として導いたもので、その半径rgは、万有引力定数G、天体の質量M、光速度cにより、rg=2GM/c2と表される。シュワルツシルト半径

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュバルツシルト半径の関連キーワードホーキング放射長崎ブリックホールブラック・ホーンカー‐ニューマン解カー‐ニューマンブラックホールカーの時空カーブラックホールシュヴァルツシルトのブラックホールブラックホール力学の四法則ペンローズ過程

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone