コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュパンダウ Spandau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュパンダウ
Spandau

ドイツ,ベルリン西部にある地区。 1920年にベルリン市に併合。シュプレー川ハーフェル川に合流する地点にあり,テーゲル湖,ハーフェル湖を含む。ジーメンス社の電気・電子機器工場などがあり,ベルリンの工業の中心地区であるが,広大なシュパンダウ市営林もあり,またハーフェル湖周辺は散策の地として知られる。 12世紀のユリウス塔のある要塞 (1560~94) 跡,14世紀の聖ニコラス聖堂などの歴史的建造物もある。人口 19万 2895 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシュパンダウの言及

【ベルリン】より


[交易都市から宮廷都市へ]
 現在のベルリンの起源となるベルリンとケルンKölln(アルト・ケルン)という二つの町が歴史上初めて文献に登場するのは,1237年および44年のことである。マクデブルクやライプチヒからオーデル川へ抜ける通商路のシュプレー川渡河点に位置する両市は,軍事的色彩の強いシュパンダウSpandauやケペニックKöpenick(1912年にベルリンに合併)とは異なり,商品集積地として発展をとげ,1307年に司法,行政面で一体化するとともに,59年ハンザ同盟に加入し,ブランデンブルクの最重要都市となった。続く15世紀には両市の自治権は,市民の抵抗(〈ベルリンの不満〉と呼ばれる1448年の蜂起)にもかかわらず,ブランデンブルク選帝侯国を支配するに至ったホーエンツォレルン家によって奪い取られるが,15世紀末以降になるとベルリン・ケルンは選帝侯の居城都市として,宮廷を中心にした交易をてこに新たな発展を始める。…

※「シュパンダウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュパンダウの関連キーワードヘス(Rudolf Hess)ハンス・マルティン シュナイトエルンスト ペッピングカール デーニッツシュプレー[川]シュプレンゲルペツォルトペピングキンケルエンケヘス

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android