コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプレー川 シュプレーがわSpree

翻訳|Spree

2件 の用語解説(シュプレー川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュプレー川
シュプレーがわ
Spree

ドイツ南東部-中部を流れる,ハーフェル川 (エルベ川の支流。全長 343km) の支流。全長 382km。チェコポーランドとの国境に近いラウジッツ山地に源を発し,バウツェン,シュプレンベルクを北流,コトブスから北西のリュッベンまでは細かく分流してシュプレーワルトと呼ばれる湿地の多い森林地帯,園芸農業地帯を形成。のちベルリン市内を貫流して,シュパンダウでハーフェル川に注ぐ。オーデル=シュプレー運河などによる水運も盛んで,また川岸はシュプレーワルトを中心に,ベルリン市民の憩いの場となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュプレー川
しゅぷれーがわ
Spree

ドイツ北東部を流れる川。エルベ川支流ハーフェル川のさらに支流。チェコとの国境に近いラウジッツ山地に源を発し、北流して水郷地帯シュプレーワルトを流れ、ベルリンに入り、東から西へベルリンの中心部付近を貫流して、ベルリン西部でハーフェル川に合流する。流長398キロメートル。下流部は水運に利用され、オーデル・シュプレー運河でオーデル川とも結ばれている。[浮田典良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュプレー川の関連情報