コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュペアー

百科事典マイペディアの解説

シュペアー

ナチス・ドイツの建築家,政治家。第三帝国時代の最大の建築家。マンハイム生れ。ニュルンベルクの党大会会場(1934年)の膨大な建築計画を担当,ツェッペリン広場は,総統官邸(1939年)などとともに彼の代表的な建築とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュペアー【Albert Speer】

1905‐81
ドイツの建築家。ナチスの政治家。マンハイム生れ。ヒトラー付きの建築家として,ニュルンベルクの党大会会場(1934),総統官邸(1939)などを手がける。また1937年以降,ベルリン建設総監としてベルリン大改造計画を構想。42年,前任者トートFritz Todtの死去にともない軍需相に任命され,戦時産業の推進者的役割を果たす。ニュルンベルク裁判で禁錮20年の刑を受ける。服役中から回想録を執筆し(1969刊),その後の著作とともに,ナチスの内幕を冷静に分析した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュペアーの言及

【第三帝国】より

… 最初のヒトラー付き建築家はトローストPaul Ludwig Troost(1878‐1934)で,ミュンヘンにドイツ美術館,ケーニヒスプラッツの殉職者霊堂などを設計する。第三帝国時代の最大の建築家であり,現在からみても重要な存在はシュペアーであった。彼はニュルンベルクの党大会会場の膨大な計画の大部分の建物を担当する。…

※「シュペアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュペアーの関連キーワードナチス・ドイツ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android