コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュライバサイト schreibersite

世界大百科事典 第2版の解説

シュライバサイト【schreibersite】

(Fe,Ni)3Pの化学組成をもつリン化物で,鉄隕石などに普通にみられる鉱物。正方晶系。金属光沢をもつ不透明鉱物で,銀白色などを示す。モース硬度は6.5~7であるがもろい。比重は7.0~7.8。鉄隕石のほか,石鉄隕石,エンスタタイトを含む石質隕石など,還元環境でできた隕石,ある種の月の石,地球上では石炭山の自然発火燃焼物中に見られる。隕鉄中のものは少量のコバルトを含むことがある。【武田 弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android