コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリーケ Bertram Johannes Otto Schrieke

世界大百科事典 第2版の解説

シュリーケ【Bertram Johannes Otto Schrieke】

1890‐1945
オランダの民族学・社会学者。従来,日本ではスフリーケと呼び慣らわされてきた。ライデン大学のイスラム学者ヒュルフローニェに師事し,学位取得の後,オランダ領東インド政庁に勤務するかたわら,バタビアの高等法律学校(現,インドネシア大学法学部)で,人類学,社会学を講じた。1934‐35年にはアメリカに招かれ,その間の研究の成果は《外来のアメリカ人》として高く評価される。36年以後はオランダに戻り,アムステルダム大学の植民地民族学担当教授に就任。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シュリーケの関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)社会民主党(ドイツ)ドイツ映画新聞小説陸軍省内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題