コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリーケ Bertram Johannes Otto Schrieke

1件 の用語解説(シュリーケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュリーケ【Bertram Johannes Otto Schrieke】

1890‐1945
オランダの民族学・社会学者。従来,日本ではスフリーケと呼び慣らわされてきた。ライデン大学イスラム学者ヒュルフローニェに師事し,学位取得の後,オランダ領東インド政庁に勤務するかたわら,バタビアの高等法律学校(現,インドネシア大学法学部)で,人類学,社会学を講じた。1934‐35年にはアメリカに招かれ,その間の研究の成果は《外来のアメリカ人》として高く評価される。36年以後はオランダに戻り,アムステルダム大学の植民地民族学担当教授に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュリーケの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷宗教民族学民族学イギリスオランダ戦争オランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone