コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュルパク Shuruppak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュルパク
Shuruppak

チグリス川,ユーフラテス川の両河川の間に位置する古代都市。現イラクのタルファラ。前 3000年代にメソポタミアにおいて最古のシュメール文明 (→シュメール ) を築いたシュメール人の都市で,19世紀の後半から行なわれた発掘によって先史時代からウル第3王朝までの遺跡が明らかにされた。『ギルガメシュ叙事詩』に出てくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュルパクの関連キーワードチグリス川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android