シュワルツシルト半径(読み)シュワルツシルトはんけい(英語表記)Schwarzschild radius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワルツシルト半径
シュワルツシルトはんけい
Schwarzschild radius

一般相対性理論におけるブラックホールの半径。一般相対論によれば,球対称で質量が中心に集中している場合,重力場の解はある球面で特異になり,中に入った物質と光は中心に向って落下し,決して外に出ることはできない。このブラックホールの解を最初に発見した K.シュワルツシルトの名を取って,この球面の半径をシュワルツシルト半径と呼ぶ。動半径とも呼ばれる。太陽質量をもつブラックホールのシュワルツシルト半径は約 3kmである。中性子星の半径はこれより数倍大きいだけである。太陽や中性子星を圧縮してこの半径に縮めることができれば,ブラックホールになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android