コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワーツ シュワーツSchwaz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワーツ
Schwaz

オーストリア西部,チロル州の小都市。インスブルックの北東約 30km,イン川右岸にあり,930年頃歴史に現れた。 1333年市場町となり,15世紀には,先史時代から掘っている銀,銅の鉱山が最盛期を迎え,パウムガルトナー家やフッガー家による鉱山経営が行われた。壮大な教区聖堂 (15~16世紀) や修道院 (1507) ,多数の民家が,1809年の大火にもかかわらず残存。工業では研磨剤,たばこ,衣料品などの生産が行われる。人口約1万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シュワーツ(Schwaz)

オーストリア、チロル州の都市。中世に銀の産出で発展。当時、ヨーロッパ最大の産出量を誇った。銀の採掘で繁栄したフッガー家による館や教会がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シュワーツの関連情報