コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュヴァルツシルトの法則 Schwarzschild's law

法則の辞典の解説

シュヴァルツシルトの法則【Schwarzschild's law】

ブンゼン‐ロスコーの法則*,すなわち「写真像の濃度 S は照度 I と露光時間 t の積に比例する(SfIt))」という実験的に導かれた法則(相反法則*)は,弱い光を長時間露光した場合には成立しない.この条件下で成立するようにシュヴァルツシルトによって提案された法則は SfItp)であり,p は1より小なる定数で,感光材料によって異なるが,通常0.70~0.95の範囲にある.別名を,黒化の法則*という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

シュヴァルツシルトの法則の関連キーワード相反法則(光化学)黒化の法則

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android