コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショイベ Scheube, Heinrich Botho

2件 の用語解説(ショイベの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ショイベ Scheube, Heinrich Botho

1853-1923 ドイツの医師。
1853年8月18日生まれ。明治10年(1877)来日。京都療病院,後身の京都府医学校(現京都府立医大)で教育,診療に従事し,また十二指腸虫,脚気(かっけ)などの研究につとめる。在日中,谷暘卿(ようけい)の娘赫也(かくや)と結婚,1女をもうけた。15年帰国。1923年3月死去。69歳。ライプチヒ大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ショイベ

没年:1923.3(1923.3)
生年:1853.8.18
明治期に来日したお雇い外国人ドイツ人医師。胥乙辺と記す。メルゼブルク州生まれ。ライプチヒ大に学ぶ。ベルツの勧めで明治10(1877)年,京都府療病院(京都府立医大)に教師として赴任。マンスフェルトの後任。内科の他に眼科・婦人科にも通ず。谷暘卿の娘赫也と結婚,1女をもうけたが離婚。在日約4年で明治15年帰国した。脚気のほか寄生虫について研究,熱帯病や日本の医学史についての著述もある。日本人の栄養状態の調査も行う。帰国後,ライプチヒ大に戻り,その後開業。<参考文献>藤田俊夫「ヨンケルショイベ」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショイベの関連キーワードアビーアンダーソンフォックヒルハウスブラウンスウェルニヒゴッチェジュウェットハイトケンペルリッテル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone