コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷暘卿 たに ようけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷暘卿 たに-ようけい

1817-1885 江戸後期-明治時代の医師。
文化14年10月5日生まれ。丹波船井郡(京都府)の郷士の子。京都で漢方・蘭方折衷の産科,眼科を開業,九条家の典医もかねる。維新後,小笠原島開拓や新橋-横浜間の鉄道建設を建議。娘の赫也(かくや)はドイツ人医師ショイベと結婚。明治18年7月15日死去。69歳。本姓は谷口。名は暘。字(あざな)は養徳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷暘卿の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android