コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショスタコビッチ Shostakovich, Dmitrii Dmitrievich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショスタコビッチ
Shostakovich, Dmitrii Dmitrievich

[生]1906.9.25. サンクトペテルブルグ
[没]1975.8.9. モスクワ
ソビエト連邦の作曲家。鉱山技師の父とピアニストの母をもつ。イグナーツ・グリャッセルの音楽学校で学んだのち,1919年ペトログラード音楽院に入学し,レオニード・ニコライエフ,マクシミリアン・シテインベルクらに師事。1925年『交響曲第1番』を作曲し,ブルーノ・ワルターらの指揮で各国に紹介される。1936年オペラ『ムツェンスクのマクベス夫人』 (1934初演) が批判されたのち,社会主義リアリズムの作風に転じて『交響曲第5番』 (1937) ,『交響曲第7番』 (1941) を作曲。第2次世界大戦後は新古典主義的な作品を書き,アンドレイ・アレクサンドロビッチ・ジダーノフによる批判の対象となったが,1949年スターリン政策をたたえたカンタータ『森の歌』で好評を回復。作品は 15曲の交響曲,15曲の弦楽四重奏曲,バレエ音楽,オペラなど多方面にわたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ショスタコビッチ【Dmitrii Dmitrievich Shostakovich】

1906~1975) ソ連の作曲家。社会主義リアリズムの立場から再三批判を浴びたが、そのつど作風を柔軟に対応させ、スターリン賞を受賞した。一五の交響曲やオラトリオ「森の歌」など多数の作品がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ショスタコビッチの関連キーワードピッコロ[piccolo / picc]ロストロポービチザンデルリンクオイストラフオラトリオロシア音楽芥川也寸志ワイノネンフーガソ連

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android