コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショートカットキー しょーとかっときー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ショートカットキー

メニューからコマンドを選択するような操作の代わりに、キー入力で行う場合の、キーの組み合わせ。これを使ったキー入力をショートカット入力、またはキーボードショートカットという。これを使用することにより、メニューの表示や選択などの手順を省略でき、効率的に作業することが可能になる。ユーザーによってキーの設定をカスタマイズできるアプリケーションもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ショートカットキー

ウィンドウズや各ソフトの機能を、メニューから選ぶ代わりにキーボードを使って呼び出す機能です。「キーボードショートカット」ともいいます。コピーは「Ctrl」と「C」、貼り付けは「Ctrl」と「V」といった具合に、通常は「Ctrl」キーや「Alt」キーと他のキーを組み合わせて操作します。本書などパソコンの解説書では「Ctrl+C」などと表記します。
ショートカットキーには、ソフトを問わず共通のものと、ソフトごとに固有のものとがあります。ショートカットキーが設定されている機能は、メニューの項目名の右にキーの組み合わせが表示されるので、参考にするとよいでしょう。
⇨ショートカット

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ショートカット‐キー(shortcut key)

コンピューターで、キーボードの複数のキーを組み合わせて入力することにより、ディスプレー上のメニューから選択することなしに、特定の機能を実行させるキーの総称。キーボードショートカット。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ショートカットキー【shortcut key】

あらかじめ設定された機能を呼び出すために押すキーの組み合わせ。また、そのキー。使用することで、コピーペーストをはじめ、メニューを表示してマウスで入力する一連の作業を省略できる。一般的に、CtrlキーAltキーと他のキーを組み合わせることが多い。◇「キーボードショートカット」「ホットキー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショートカットキー
しょーとかっときー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ショートカットキーの関連キーワードAdobe InDesignキーボードテンプレートWindows keyゲーミングキーボードCommandキータスクマネージャコントロールキーコンピューターalt keyDRY原則入力方式特殊キー保存

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショートカットキーの関連情報