コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラヒゲウニ Tripneustes gratilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラヒゲウニ
Tripneustes gratilla

棘皮動物門ウニ綱拱歯目ラッパウニ科。殻径 10cm,殻高 6cm。殻はやや丸みを帯びた五角形で,反口側は円錐形。大棘は短く,一様に白色または赤褐色,あるいは部分的に赤褐色を呈している。反口側ではとげのない黒紫色の 10縦帯がみえ,とげのある部分を明瞭に区画する。管足は有孔部に3縦列に並ぶ。殻の上に海藻や貝殻片をつけていることが多い。紀伊半島以南の浅海に広く分布し,7~8月頃産卵する。食用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラヒゲウニ
しらひげうに / 白鬚海胆
[学]Tripneustes gratilla

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ラッパウニ科に属する海産動物。短くて鋭い白色の棘(とげ)をもつ南方系のウニ。棘は白色の個体のほか、赤褐色のものもある。殻の表面には棘のない、黒色の裸状部分が10縦列ある。殻径7~8センチメートル、高さ5センチメートルぐらい。体表に小石やごみをのせてサンゴ礁や岩の上をはう習性がある。棘のほかに微小なピンセット状の叉棘(さきょく)が多数あり、刺されると発赤して痛む。産卵期は夏で、生殖巣は塩蔵加工して「雲丹(うに)」とするが、品質の評価は低い。相模(さがみ)湾や伊豆半島沿岸にもみられるが数は少なく、主として本州西南部以南、インド洋、西太平洋の浅海域に分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シラヒゲウニの関連キーワード毒腺

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シラヒゲウニの関連情報