シリル・ロドウィック バート(英語表記)Cyril Lodowic Burt

20世紀西洋人名事典の解説

シリル・ロドウィック バート
Cyril Lodowic Burt


1883 - 1971
英国の心理学者。
元・ロンドン大学教授,元・ユニバーシティ・カレッジ教授。
ストラトフォード・アポン・エイボン(イングランド)生まれ。
オックスフォード大学マクドゥーガルに師事し、1906年博士号を取得。さらにドイツに留学し、キュルペやヴュルツブルク学派の影響を受ける。帰国後、リバプール大学心理学講師を経て、ケンブリッジ大学教授、ロンドン大学教授、’31年ユニバーシティ・カレッジの教授を歴任。研究領域はメンタルテストや統計的処理でビネー知能検査のイギリス版を作成。又、ピアソンの研究を発展させ、因子分析法を考案した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android