コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビネー Alfred Binet

デジタル大辞泉の解説

ビネー(Alfred Binet)

[1857~1911]フランスの心理学者。シモンとともに知能検査を創始し、児童心理・教育心理の研究に貢献。著「知能の実験的研究」「新しい児童観」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ビネー【Alfred Binet】

1857~1911) フランスの心理学者。医師シモン(T. Simon)の協力のもとに知能検査を創始し、児童心理・教育心理の研究に大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビネー
びねー
Alfred Binet
(1857―1911)

フランスの心理学者。ニースに生まれる。初め法律学を学んだが、心理学に転じた。1889年パリ大学に心理学実験所を創設し、1894年にその所長となった。高等精神作用の実験的研究を行って『実験心理学序説』(1894)を著し、また1895年には『心理学年鑑』L'Anne Psychologiqueを創刊し、その編集にあたった。1905年、フランス公教育省の依嘱によりシモンThodore Simon(1873―1961)とともに、精神遅滞児の検出法を作成したが、これが世界で最初の知能検査である。その後1908年に改訂して、知能年齢によって精神発達を表示する尺度とし、さらに1911年の改訂により3歳から15歳までの尺度が完成した。著書に『推理の心理』(1886)、『被暗示性』(1900)、『知能の実験的研究』(1903)、『新しい児童観』(1911)などがある。[肥田野直]
『波多野完治訳『新しい児童観』(1961・明治図書出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビネーの関連キーワードバート(Sir Cyril Lodowic Burt)キャッテル(James Mckeen Cattell)synchronised swimmingアレクサンドラ パツケヴィッチアーティスティックスイミングシリル・ロドウィック バートピーター ハーボルツハイマールイス・マディソン ターマンジャンプコンビネーションコンビネーションジャンプスベトラーナ ロマシナアンゼリカ ティマニナエレーナ オフチニコワアメリカン・モーターズコンボ[combo]エルビラ ハシャノワ心理検査のいろいろビネーシモン検査法マリア グロモワアラ シシュキナ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android