コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワタケ(皺茸) シワタケMerulius tremellosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シワタケ(皺茸)
シワタケ
Merulius tremellosus

担子菌類ヒダナシタケ目ヒダナシタケ科。種々の広葉樹の倒木上に生じる。子実体は初め背でつくのでがはっきりしないが,枝や幹の表面をおおいながら立上がると,直径2~8cmで不規則な半円状の棚を重ねたような傘になる。傘の下面白色子実層は白色または薄く黄色みまたは赤みを帯びる。乾くときたない黄褐色,帯赤褐色となる。材の白腐れを起す力が強い。分布は全世界的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シワタケ【シワタケ(皺茸) Merulius tremellosus Schrad.ex Fr.】

ゼラチン質で裏面は淡紅で多数のしわがあり,表面は白色の短密毛に覆われた担子菌類シワタケ科のキノコ。世界の暖帯から亜寒帯に広く分布する。大きさは数cmに及ぶ。広葉樹の枯死木に生じ,材の白腐れを起こす。子実体のしわが子実層で,棍棒状の小さな結晶体を付着した囊状体が検鏡でき,本属の特徴を示す。近縁属としてシワウロコタケ属,ナミダタケ属があるが,前者には囊状体がなく,後者の胞子は褐色である。【青島 清雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android