コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンギダ州 シンギダSingida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンギダ〔州〕
シンギダ
Singida

タンザニア中部の州。州域の大部分は標高 900~1500mの中央高原で,インド洋タンガニーカ湖分水嶺をなす。 1963年発足。主産物は皮革などの畜産物,蜂蜜,蜜ろうアラビアゴムナンキンマメ,綿花,タバコなど。南東部のバヒ沼沢地では漁業,製塩が行われ,北部には金鉱がある。ツェツェバエに襲われる地域もある。州都はシンギダ。面積4万 9341km2。人口 79万 1814 (1988) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android