コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜜ろう みつろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜜ろう
みつろう

ミツバチから加熱圧搾により採取されるろう。一般に帯褐黄色で,組成は高級脂肪酸,高級脂肪酸エステル,高級アルコール高級炭化水素から成っている。天日・骨炭・化学的処理によって脱色漂白したものは,無色または淡黄色。融点 60~62℃。エーテルクロロホルム四塩化炭素可溶,水には不溶ろうそく,つや出し剤,化粧品などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蜜ろうの関連キーワードサンフランシスコデマコリスビクトリアデラストゥナスクレンジングクリームオビンブンドゥ族エンカウスティクコールドクリームエコミュージアムファラドフェイシエゴデアビラルンダスル州ジガンショルエッチングセロチン酸シンギダ州ミツオシエガンビアラロマナサウリモイルラ族ルブマ州

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜜ろうの関連情報