コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜜ろう みつろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜜ろう
みつろう

ミツバチから加熱圧搾により採取されるろう。一般に帯褐黄色で,組成は高級脂肪酸,高級脂肪酸エステル,高級アルコール高級炭化水素から成っている。天日・骨炭・化学的処理によって脱色漂白したものは,無色または淡黄色。融点 60~62℃。エーテルクロロホルム四塩化炭素可溶,水には不溶ろうそく,つや出し剤,化粧品などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蜜ろうの関連キーワードサンフランシスコデマコリスビクトリアデラストゥナスクレンジングクリームエンカウスティクエコミュージアムオビンブンドゥ族コールドクリームファラドフェイシエゴデアビラルンダスル州ジガンショルシンギダ州エッチングミツオシエセロチン酸ラロマナサウリモガンビアイルラ族ルブマ州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜜ろうの関連情報