シンクベトリル国立公園(読み)シンクベトリルコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

シンクベトリル‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【シンクベトリル国立公園】

Þjóðgarðurinn á Þingvellir》アイスランド南西部にある国立公園。首都レイキャビクの北東約50キロメートルにあるギャウに位置する。930年、ノルウェーからの移住者が、世界で初めての民主議会(アルシング)を開いた地として知られ、1930年に同国の民主政治の聖地として国立公園に制定。2004年に世界遺産(文化遺産)に登録された。シングベトリル国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android