コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン・マハー・ティーラウンタ Shin Maha Thilawuntha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シン・マハー・ティーラウンタ
Shin Maha Thilawuntha

[生]1453. マグエ,タウンドゥインジー北郊
[没]1518. マンダレー,インワ
ビルマ (現ミャンマー) ,インワ時代の文人,僧侶。幼名マウン・ニョウ。幼少の頃から郷里の僧院で古典を学び,のち王都インワ (アバ) に出て王の知遇を得た。仏教説話に依拠した『到彼岸編』 Paramidawgan (1491) ,『祈願編』 Hsutaungan (98?) など,ピョ (韻文の一形式) の作者として有名。パーリ語からの翻訳であり,涅槃にいたるまでの修行の過程を描いたウットゥ (物語) 『彼岸への道』 Parayana (1511) は,ビルマ最古の散文文学とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シン・マハー・ティーラウンタ
しんまはーてぃーらうんた
Shin Maha Thilawuntha
(1453―1518)

ビルマ(現ミャンマー)、インワ朝時代の僧籍文人。中部ビルマ、イラワディ川東岸の町タウンドウィンジー出身。幼少年期にはマウン・ニョウMaung Nyoの名で知られる。郷里の高僧のもとで古典文学を学ぶが、文人の少ないタウンドウィンジーに飽き足らず、王都インワに出て、パーリ仏教文学などを学び、古典に精通する。仏教説話の抜粋をもとに書いた『パーラミィドーガン・ピヨゥ』Paramidawgan Pyoは韻文の一形式ピヨゥの代表作として知られる。また、『パーラヤナ・ウットゥ』Parayana Wuthtuはパーリ語からの翻訳物語で、同時に、ビルマで初めて書かれた散文としても名高い。[奥平龍二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シン・マハー・ティーラウンタの関連キーワードビルマ文学マンダレー

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android