コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン・マハー・ティーラウンタ シン・マハー・ティーラウンタShin Maha Thilawuntha

2件 の用語解説(シン・マハー・ティーラウンタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シン・マハー・ティーラウンタ
シン・マハー・ティーラウンタ
Shin Maha Thilawuntha

[生]1453. マグエ,タウンドゥインジー北郊
[没]1518. マンダレーインワ
ビルマ (現ミャンマー) ,インワ時代の文人,僧侶。幼名マウン・ニョウ。幼少の頃から郷里の僧院で古典を学び,のち王都インワ (アバ) に出て王の知遇を得た。仏教説話に依拠した『到彼岸編』 Paramidawgan (1491) ,『祈願編』 Hsutaungan (98?) など,ピョ (韻文の一形式) の作者として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シン・マハー・ティーラウンタ
しんまはーてぃーらうんた
Shin Maha Thilawuntha
(1453―1518)

ビルマ(現ミャンマー)、インワ朝時代の僧籍文人。中部ビルマ、イラワディ川東岸の町タウンドウィンジー出身。幼少年期にはマウン・ニョウMaung Nyoの名で知られる。郷里の高僧のもとで古典文学を学ぶが、文人の少ないタウンドウィンジーに飽き足らず、王都インワに出て、パーリ仏教文学などを学び、古典に精通する。仏教説話の抜粋をもとに書いた『パーラミィドーガン・ピヨゥ』Paramidawgan Pyoは韻文の一形式ピヨゥの代表作として知られる。また、『パーラヤナ・ウットゥ』Parayana Wuthtuはパーリ語からの翻訳物語で、同時に、ビルマで初めて書かれた散文としても名高い。[奥平龍二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シン・マハー・ティーラウンタの関連キーワードパレオロゴス朝中国の株式市場こども環境大賞東ローマ帝国ローマ帝国オケヘムドメニコ・ベネツィアーノ百年戦争メフメト[2世]足利義政

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone