コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーウェルツ Sigfrid Siwertz

世界大百科事典 第2版の解説

シーウェルツ【Sigfrid Siwertz】

1882‐1970
スウェーデンの作家。ストックホルムに生まれる。軽妙な文体の健筆家として知られ,初期の代表作に冒険小説《メーラル湖の海賊》(1911)がある。第1次大戦後の代表作《セーラムブ家の人々》(1920)では,戦時中の闇商売をめぐる五人兄弟の非社会的な行動,エゴイズムを摘出してみせたが,それは現社会の矛盾の解決を迫るというものではない。戯曲には《私は泥棒だった》(1931)などがある。【田中 三千夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーウェルツの関連キーワード黒人問題鉄鋼業[各個指定]工芸技術部門アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android