ジアンビ(読み)じあんび(英語表記)Jason Gilbert Giambi

  • 1971―

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカのプロ野球選手(右投左打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のオークランド・アスレチックス、ニューヨーク・ヤンキースで一塁手としてプレー。パワーヒッターでありながら打撃に穴が少なく、対戦する相手投手が手を焼く強打者である。
 1月8日、カリフォルニア州ウェスト・コビーナで生まれる。ロング・ビーチ州立大から1992年、ドラフト2巡目指名を受けてアスレチックスに入団。1995年に大リーグに昇格し、96年からレギュラーとなった。だが、当時はマーク・マグワイアが一塁におり、三塁や外野も守った。1997年のシーズン途中でマグワイアがセントルイス・カージナルスへトレードされると、後任の一塁手となり、定着した。翌98年には打点100を突破し、99年には打率3割、ホームラン30本、打点100をクリア。2000年は打率3割3分3厘、ホームラン43本、打点137の好成績と、若いチームの中心となって地区優勝を果たしたリーダーシップが評価されて、無冠ながら最優秀選手(MVP)となった。自己最高の打率3割4分2厘を記録した2001年に、FA(フリーエージェント)となってヤンキースへ移籍した。2002年はメディアからのプレッシャー、野球スタイルの違いなどのヤンキース移籍に伴う悪条件に屈することなく好成績をあげ、地区優勝に貢献した。2002年、03年と2年続けてホームラン41本を記録したが、04年はステロイド疑惑と体調不良で82試合に欠場、大リーグ昇格以降最悪のシーズンを送った。しかし、2005年はホームラン32本を放って復活、8年連続の地区優勝に貢献するとともに、カムバック賞も受賞した。[山下 健]

2006年以降

2006年は139試合に出場、打率2割5分3厘ながら37本のホームランを打ち、113打点を記録。翌07年はシーズン中の故障で出場は83試合にとどまり、打率2割3分6厘、ホームラン14本という結果に終わった。
 2007年までの通算成績は、出場試合1705、安打1699、打率2割8分9厘、本塁打364、打点1183。獲得したおもなタイトルは、MVP1回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android