ジェット推進船(読み)ジェットすいしんせん

世界大百科事典 第2版の解説

ジェットすいしんせん【ジェット推進船 jet engine ship】

推進にジェット(噴流)を用いる船。通常は水のジェットが使われるのでウォータージェット推進船ともいう。この方式は古くから知られていて,17世紀半ばにイギリス特許がとられており,18世紀にはJ.アレン,J.ラムゼーなどイギリスを中心に試験された記録が残っている。ジェット推進の原理は,吸込口から水を取り入れポンプで加圧してノズルから噴出し,その反動で進むものである。ジェットの速度が減じないように通常は空中に吹き出す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android