ジェボンズの逆説(読み)じぇぼんずのぎゃくせつ(英語表記)Jevons paradox

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェボンズの逆説
じぇぼんずのぎゃくせつ
Jevons paradox

資源利用の効率性が高まっても、全体としてのエネルギー消費量は減らず、逆に増えていくという説。1865年、イギリスの経済学者ジェボンズが著書『石炭問題』において指摘した。ジェボンズは、ワットによる蒸気機関の発明とその後の改良により石炭の効率的利用が進んだものの、さまざまな分野で石炭が使われるようになったため、石炭消費総量は増えていると指摘した。一見すると技術の進化により燃料消費量が減少しそうにみえるが実際はそうではなく、イギリス国内の石炭が枯渇する危険性を訴えた。
 このパラドックスは現在の省エネ技術についても成り立つとの説がある。「自動車の燃費がよくなれば外出の際に頻繁に自動車を使うようになる。ガソリンの価格も安くなり、自動車販売台数も増えるため、ガソリンの消費量は減らない」「エアコンの省エネ技術が進めばその分、多くのエアコンを設置し使う頻度も高まるため、電気消費量は減らない」というわけである。こうした傾向を緩和してエネルギー消費を減らすためには、環境税、燃料税の導入などの制度的枠組みが必要だとされている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android