コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェリド湖 ジェリドコ

デジタル大辞泉の解説

ジェリド‐こ【ジェリド湖】

Chott el Djeridチュニジア南西部の塩湖。面積は約5000平方キロメートル。北西にラルサ湖、東にフェジェジ湖が隣接する。大雨のときにのみ、水をたたえた湖が出現する。ショット‐エル‐ジェリド。ジュリド湖

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェリド湖
じぇりどこ
Chott Djerid

北アフリカ、チュニジア南西部にある塩湖。古称トリトニス・パルスTritonis Palus。面積約5000平方キロメートル。東部にフェジェジFedjedj湖、北西部にラルサRharsa湖が連なる。かつて東部のガベス湾がアルジェリアのほうまで湾入していたものが、湾口で陸封されたため、陸側の湖水が干上がって最低所のみに水を残し、この塩湖ができた。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジェリド湖の関連キーワードショットエルジェリドネフタ信行

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android