コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸封 りくふうland-lock

5件 の用語解説(陸封の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸封
りくふう
land-lock

本来は,海洋中あるいは海洋と陸水の両方を生活の場としている動物 (主として魚類) が陸水中のみにとどまり,そこで世代を繰返すようになることをいう。日本の中部以北の湖のヒメマスベニザケの陸封されたものであり,琵琶湖の小アユも降海するアユの陸封型である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りく‐ふう【陸封】

海、または海と陸水の両方で生活していた水生動物が、地形の変化などにより陸水に封じ込められ、そこで世代を繰り返すようになること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

陸封【りくふう】

一生のうちに海水にすむ時期と陸水にすむ時期とをもつ動物が,地形その他環境の変化によって陸水中に閉じ込められて終生そこで生活すること。無脊椎動物では,霞ヶ浦のイサザアミはアミの,琵琶湖のセタシジミはシジミの陸封型として有名。
→関連項目アユ(鮎)イワナサケ(鮭)ヒメマスマス(鱒)ヤマメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りくふう【陸封 land‐lock】

海にすんでいた動物が汽水あるいは淡水の湖沼などに封じ込められた結果,そこで淡水動物として世代を重ねるようになることをいう。甲殻類のアミの仲間は大部分が海産であるが,霞ヶ浦などで漁獲されるイサザアミは湖沼で一生を送る種で,海産系遺存種とも呼ばれる。またサケの仲間のように一生の間に淡水と海の間を往復する魚類のなかには,同種でありながら海へ下って海洋で育つものと,淡水中で一生を過ごして世代を重ねるものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りくふう【陸封】

( 名 ) スル
海産動物が地形的に海から切り離された湖沼などに封じこめられ、そこで淡水動物として世代を繰り返すこと。甲殻類アミの仲間のイサザアミなど。また、降海する性質の魚が、環境の変化などのために湖沼・河川に閉じこめられ、そこで繁殖するようになる現象をもさす。ヒメマス・ヤマメ、琵琶湖・池田湖などのコアユはその例。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸封の関連情報