コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンティレ ジェンティレGiovanni Gentile

1件 の用語解説(ジェンティレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジェンティレ(Giovanni Gentile)

[1875~1944]イタリアの哲学者・政治家。ローマ大教授。ファシズム政権の教育相。新ヘーゲル学派に属し、ヘーゲル弁証法の絶対的内在性を強調した。師であるクローチェに反して自由主義からファシズムへ転向し、ファシズムの代表的理論家となった。教育相として教育改革を断行し、「イタリア大百科事典」全35巻を編纂(へんさん)したが、政敵によって暗殺された。著「ヘーゲル弁証法の変革」「芸術哲学」「純粋行為としての精神の一般理論」「論理学体系」など。ジェンティーレ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ジェンティレの関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone