コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンティレ Giovanni Gentile

デジタル大辞泉の解説

ジェンティレ(Giovanni Gentile)

[1875~1944]イタリアの哲学者・政治家。ローマ大教授。新ヘーゲル学派に属し、ヘーゲル弁証法の絶対的内在性を強調した。師であるクローチェに反して自由主義からファシズムへ転向し、ファシズムの代表的理論家となった。1922年から1924年にかけてファシスト政府の教育相として教育改革を断行。のち、政敵によって暗殺された。「イタリア大百科事典」全35巻を編纂(へんさん)。著「ヘーゲル弁証法の変革」「芸術哲学」「純粋行為としての精神の一般理論」など。ジェンティーレ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジェンティレの関連キーワードスザンナと長老たちジェンティレスキリュートを弾く娘カラバジェスキブーエ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android