コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術哲学 げいじゅつてつがく Philosophie de l'art

4件 の用語解説(芸術哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術哲学
げいじゅつてつがく
Philosophie de l'art

フランスの哲学者,批評家イポリット・テーヌの芸術論。5冊の著作から成り,1865~69年刊。 82年に2巻本として統合。パリの美術学校での講義から生れた。第1部で芸術作品を概説し,以下イタリア・ルネサンスネーデルラントギリシア彫刻を主題として歴史的実証的研究を行い,最後に価値論を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

芸術哲学
げいじゅつてつがく
philosophy of art

芸術の本質,あるいは現象について,その原理を考察する哲学の一部門。一般的には,美学,芸術学と同義。狭義には,19世紀後半,美そのものを考察の対象とする美学に対して,それでは取扱えない芸術の分野の存在を主張し,芸術事象一般を心理主義的価値論によって哲学的に基礎づけようとした M.デッソアールや E.ウーティッツらの立場をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げいじゅつてつがく【芸術哲学】

《原題、〈フランスPhilosophie de l'artテーヌの評論。1865年から1869年、および1882年に刊行。文学・芸術の分野における歴史的・社会的研究理論を確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸術哲学
げいじゅつてつがく
Philosophie de l'art

19世紀フランスの哲学者で批評家テーヌの美学の代表作。1881年刊。美術学校での講義をまとめた5編の論文からなり、フランス自然主義文学の理論的根拠となったものである。本書は、美学を思弁から解放し、実証科学たらしめようという意図に貫かれている。まず、芸術作品が広義の環境によって決定されることを論じ、その目的を自然の客観的な様式的再現に求める。ついで、イタリア・ルネサンス絵画、オランダ絵画、ギリシア彫刻を例に、『イギリス文学入門』(1863)が文学作品に試みたのと同じく、芸術作品を決定する外的条件を具体的に指摘しようとする。最後に、芸術作品評価の原理を提出し、批評の役割として、作品に対する単なる説明を超えた倫理的価値判断をも確保しようと努めている。[香川知晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芸術哲学の言及

【芸術学】より

…こうしてシェリングは芸術研究を基礎づけるのは哲学しかないとし,ヘーゲルは在来の経験的芸術研究と抽象的な美の哲学を統合して美学を〈芸術の学〉と定めている。その後も近くはクローチェにみるように,本来の美を芸術にしか認めぬ学説では,美学がまさしく芸術学であり芸術哲学Kunstphilosophieであることになる。ひろく通用する芸術学の語に包括的体系性が感じられるのは,このような哲学的動向に支えられてのことである。…

※「芸術哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芸術哲学の関連キーワード価値論物保険類型学書誌類型論社会不安《言語――その本質・発達・起源》《固有の原理からみた自然の本性について》《物の本質について》実験病理学 (experimental pathology)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸術哲学の関連情報