コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジガンショール Ziguinchor

デジタル大辞泉の解説

ジガンショール(Ziguinchor)

セネガル南西部の都市。カザマンス川沿いに位置し、河港を有す。カザマンス地方の中心地。17世紀半ば、ポルトガルによって建設され、19世紀末よりフランス領。エビとラッカセイが輸出される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジガンショール

セネガルの南西端の都市。大西洋に注ぐカザマンス川の河口から約70km上流に位置する河港都市で,ギニア・ビサウとの国境とも近い。ラッカセイ油の製造が行なわれ,奥地で栽培されるラッカセイなどと共に輸出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android