ジベンゾアントラセン

世界大百科事典 第2版「ジベンゾアントラセン」の解説

ジベンゾアントラセン【dibenzanthracene】

ジベンズアントラセンともいう。アントラセンベンゼン環が2個縮合した形の5環式芳香族炭化水素総称。縮合の位置の違いによる多くの異性体がある。各異性体の名称は,母核であるアントラセンのどの炭素にベンゼン環が縮合しているかの番号を付して表す。例えば,1,2,5,6‐ジベンゾアントラセン(無色結晶,融点266℃,沸点524℃),1,2,3,4‐ジベンゾアントラセン(無色の結晶,融点207℃,沸点518℃)など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版「ジベンゾアントラセン」の解説

ジベンゾアントラセン
ジベンゾアントラセン
dibenzoanthracene

C32H14(278.35).次に示す種々の異性体がある.

(1)ジベンゾ[a,c]アントラセン:o-トルオイルフェナントレンを加熱閉環させると得られる.淡黄色の結晶.融点200~202 ℃.濃硫酸呈色は赤紫を呈する.マウスの皮膚に弱い発がん性を示す.
(2)ジベンゾ[a,h]アントラセン:2-メチル-1-α-ナフトイルナフタレンの加熱閉環によって得られる.結晶.融点262 ℃.ジベンゾアントラセンのなかでこの化合物のみが強い発がん性をもち,とくに皮膚がんを起こす作用がある.
(3)ベンゾ[a]ナフタセン石炭タールに少量含まれ,ピレンピセンとともに混在する.黄金色の結晶.融点263~264 ℃.
(4)ジベンゾ[a,j]アントラセン:融点196 ℃ の結晶.
(5)ジベンゾ[b,j]アントラセン:[別用語参照]ペンタセン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android