コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジベンゾアントラセン dibenzanthracene

世界大百科事典 第2版の解説

ジベンゾアントラセン【dibenzanthracene】

ジベンズアントラセンともいう。アントラセンにベンゼン環が2個縮合した形の5環式芳香族炭化水素の総称。縮合の位置の違いによる多くの異性体がある。各異性体の名称は,母核であるアントラセンのどの炭素にベンゼン環が縮合しているかの番号を付して表す。例えば,1,2,5,6‐ジベンゾアントラセン(無色の結晶,融点266℃,沸点524℃),1,2,3,4‐ジベンゾアントラセン(無色の結晶,融点207℃,沸点518℃)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジベンゾアントラセンの関連キーワードジベンズアントラセンタール癌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android