ジミー クリフ(英語表記)Jimmy Cliff

20世紀西洋人名事典の解説

ジミー クリフ
Jimmy Cliff


1948 -
ジャマイカレゲエ歌手。
13歳の時「スカ」を歌い、プロ歌手としてデビューする。その後レゲエ歌手として売り出す。1975年カーネギーホールに出演し、作詞・作曲も手掛ける。’72年「The Harder They Come」で映画主演する。その他の作品として「ジャマイカの嵐」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ジミー クリフ
Jimmy Cliff

職業・肩書
レゲエ歌手

国籍
ジャマイカ

生年月日
1948年4月1日

出生地
セントキャサリン

本名
Chambers,James

受賞
グラミー賞(レゲエ部門最優秀アルバム,第28回)〔1985年〕「Cliff Hanger」

経歴
13歳のとき「スカ」を歌い、プロとしてデビュー。1962年「ディアレスト・ビバリー」がヒット。’65年から活動の場を英国、米国に移す。’72年映画「ザ・ハーダー・ゼイ・カム」に主演してスターダムにのぼった。’75年カーネギーホールに出演。作詞・作曲も手がけ、「遙かなる河」「ワンダフル・ワールド」など数々の名曲で知られる。ボブ・マレーと並ぶレゲエの旗手。アルバム「シンキング・アバウト・ジ・アース」には反アパルトヘイトをうたった「プレッシャー」も収録されている。他のアルバムに「Cliff Hanger」(’85年)、「Hanging Fire」(’88年)、「Images」(’90年)、「Breakout」(’92年)、「Shoot for Freedom」(’99年)、「Humanitarian」(’99年)、「Fantastic Plastic People」(2002年)、「Black Magic」(2005年)など。2009年ロックの殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android