コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レゲエ レゲエreggae

翻訳|reggae

6件 の用語解説(レゲエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レゲエ
reggae

1960年代後半,ジャマイカで生れた音楽。この国の大衆音楽メント mentoにリズムアンドブルースなどの要素が加わったスカ skaがロックステディ rock steadyへと発展し,さらにアフリカ宗教音楽などの影響を受けて,複雑なリズムとメッセージ性の強い歌詞をもつレゲエが誕生した。レゲエの語が初めて使われたのはトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズの『ドゥ・ザ・レゲエ』 (1967) で,70年代なかばのボブ・マーリーの登場によってその名が世界に広まり,ジャズやロックにも影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レゲエ(reggae)

ジャマイカのポピュラー音楽。独特のアクセントをもつオフビートと、メッセージ性の強い歌詞に特徴がある。1970年代に世界のポピュラーミュージックに大きな影響を与えた。→スカ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レゲエ

ジャマイカで1960年代に生まれた大衆音楽。伝統的な黒人のダンス音楽に米国のソウル・ミュージックの影響が加わって成立。ボブ・マーリーが1970年代に世界的に有名になり,ロックにも影響を与え,同じころ英国へのジャマイカ人移民が増加して同国にも広まった。
→関連項目クティサイモンジャングル(音楽)ディスク・ジョッキートラック・ダウンバングラー・ビートライ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レゲエ【reggae】

カリブ海のジャマイカで興った新しい大衆音楽。伝統的な黒人のダンス音楽に,アメリカソウル・ミュージックなどの影響が加わって,1960年代後半に形成された。ボブ・マーリーBob Marley(1945‐81)を中心としたザ・ウェーラーズThe Wailers(のちにボブ・マーリー・アンド・ザ・ウェーラーズ)のアルバムキャッチ・ア・ファイアCatch A Fire》が作られた72年をもって,レゲエが一定の音楽的成熟に達した年とみてよいだろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

レゲエ【reggae】

1970年代に世界的に広まったジャマイカのポピュラー音楽。リズム-アンド-ブルースの影響を受け、偶数拍にアクセントのあるリズム-パターンが特徴。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レゲエ
れげえ
reggae

ジャマイカのポピュラー音楽およびダンスのスタイルの一種。二拍子系で後拍にアクセントがあるリズムと、社会への不満やラスタファリ運動(アフリカ回帰をスローガンとする宗教的性格の強い運動)への共感が織り込まれている、メッセージ性に富んだ歌詞をもつことに特色がある。初期にはアコースティックギター打楽器類が中心であったが、近年では電気ギターキーボードなどの電気楽器が多用される。その起源は、同地にもともとあった二拍子系の舞曲メントmentoなどが、アメリカ合衆国南部の黒人音楽の影響を受けたものといわれている。それが1960年代にはスカskaに、さらに70年前後からレゲエにと発展し、またこのころからジャマイカ以外にも知られるようになった。当時、アメリカなどを中心とするポピュラー音楽界では、単に技巧に走った音楽が多かったため、メッセージ性をもったレゲエの登場は大きな衝撃を与えた。以後ニューヨークロンドンなどを中心に、世界のポピュラー音楽に影響を与え続けている。代表的な音楽家ボブ・マーリィBob Marley(1945―81)、ジミークリフJimmy Cliff(1948― )、グループサードワールド(1973結成)らがいる。[田井竜一]
『田川律・菅原光博著『レゲエ・ジャマイカの風と光』(1985・音楽之友社) ▽スティーヴン・ディヴィス著、大橋悦子訳『ボブ・マーリー』(1986・晶文社) ▽レナート・E・バレット著、山田祐康訳『ラスタファリアンズ』(1996・平凡社) ▽ブライアン・ジャーン著、谷田博幸訳『レゲエ・アイランド』(1996・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レゲエの関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レゲエの関連情報