ジャイサルメール(英語表記)Jaisalmer

世界大百科事典 第2版の解説

ジャイサルメール【Jaisalmer】

インド北西部,ラージャスターン州西端部のオアシス都市。人口1万6578(1971)。タール砂漠中に位置し,インダス川下流域との隊商交易で栄えた。1818‐1949年には同名の藩王国の主都であった。町は1156年にラージプート族のラーオー・ジャイサル王によって建設され,〈ジャイサルの〉を意味する。比高約80mの岩丘の上に城がそびえ,そこに宮殿やジャイナ教寺院がある。町も市壁に囲まれている。インド最良のラクダ産地で,岩塩羊毛皮革などを集散

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android