コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイサルメール Jaisalmer

世界大百科事典 第2版の解説

ジャイサルメール【Jaisalmer】

インド北西部,ラージャスターン州西端部のオアシス都市。人口1万6578(1971)。タール砂漠中に位置し,インダス川下流域との隊商交易で栄えた。1818‐1949年には同名の藩王国主都であった。町は1156年にラージプート族のラーオー・ジャイサル王によって建設され,〈ジャイサルの岩〉を意味する。比高約80mの岩丘の上に城がそびえ,そこに宮殿やジャイナ教寺院がある。町も市壁に囲まれている。インド最良のラクダの産地で,岩塩,羊毛,皮革などを集散

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャイサルメールの関連キーワードラージャスターンの丘陵要塞群ジャイサルメル城ジャイサルメル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android