コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャクソンてんかん Jackson's epilepsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャクソンてんかん
Jackson's epilepsy

焦点てんかん,部分てんかんなどともいう。大脳皮質の局所的損傷による限局性けいれん発作を主症状とするてんかん。イギリスの J.H.ジャクソンが 1863年に初めて報告したもの。今日ではこの名はあまり用いられていないが,のちにその研究から神経系の進化と解体の理論が開花し,精神病の理解にも新しい糸口となったので,この学派はジャクソン学派あるいは新ジャクソン学派と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャクソンてんかんの関連キーワード焦点てんかん

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android