コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャクソンてんかん Jackson's epilepsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャクソンてんかん
Jackson's epilepsy

焦点てんかん,部分てんかんなどともいう。大脳皮質の局所的損傷による限局性けいれん発作を主症状とするてんかん。イギリスの J.H.ジャクソンが 1863年に初めて報告したもの。今日ではこの名はあまり用いられていないが,のちにその研究から神経系の進化と解体の理論が開花し,精神病の理解にも新しい糸口となったので,この学派はジャクソン学派あるいは新ジャクソン学派と呼ばれるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャクソンてんかんの関連キーワード焦点てんかん

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android