ジャコビニツィナー彗星(読み)ジャコビニツィナースイセイ

デジタル大辞泉の解説

ジャコビニツィナー‐すいせい【ジャコビニツィナー×彗星】

1900年12月、フランスのミシェル=ジャコビニが発見し、1913年にドイツのエルンスト=ツィナーが再発見した彗星。ジャコビニ流星群母天体として知られる。公転周期は6.6年。1985年、NASA(米国航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)による彗星探査機ICEが尾の部分を通過し、組成などを直接観測した。ジャコビニ彗星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android