コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコビニツィナー彗星 ジャコビニツィナースイセイ

デジタル大辞泉の解説

ジャコビニツィナー‐すいせい【ジャコビニツィナー×彗星】

1900年12月、フランスのミシェル=ジャコビニが発見し、1913年にドイツのエルンスト=ツィナーが再発見した彗星。ジャコビニ流星群母天体として知られる。公転周期は6.6年。1985年、NASA(米国航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)による彗星探査機ICEが尾の部分を通過し、組成などを直接観測した。ジャコビニ彗星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジャコビニツィナー彗星の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android