コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコビニツィナー彗星 ジャコビニツィナースイセイ

デジタル大辞泉の解説

ジャコビニツィナー‐すいせい【ジャコビニツィナー×彗星】

1900年12月、フランスのミシェル=ジャコビニが発見し、1913年にドイツのエルンスト=ツィナーが再発見した彗星。ジャコビニ流星群母天体として知られる。公転周期は6.6年。1985年、NASA(米国航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)による彗星探査機ICEが尾の部分を通過し、組成などを直接観測した。ジャコビニ彗星

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ジャコビニツィナー彗星の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android