コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャラール・アーレ・アフマド Jalāl Āl‐e Aḥmad

1件 の用語解説(ジャラール・アーレ・アフマドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャラール・アーレ・アフマド【Jalāl Āl‐e Aḥmad】

1923‐69
現代イランの作家。テヘランシーア派ウラマーの家庭に生まれ,苦学して高等師範修了後,教職につく。第2次世界大戦トゥーデ党に入党(1947)。処女作《年始訪問》(1945)で文壇に登場した。モサッデク時代には国民戦線の一翼である〈第三勢力〉に参加,1953年離脱した。58年代表作《校長》を上梓,教育・文化問題に関心を示し,60年代から第三世界論,民族文化再認識の論調を打ち出し,王政批判を続けた。著書は《地の呪い》(1967。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャラール・アーレ・アフマドの関連キーワードイランコムテヘランモランイランのクルドイランイランテヘラン会談NIOCテヘラン宣言イランの難民