コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュニャーネーシュワル Jñyāneshwar

世界大百科事典 第2版の解説

ジュニャーネーシュワル【Jñyāneshwar】

1275‐96ころ
西部インド,マハーラーシュトラの聖賢詩人(サントsant)の先駆者で,この地のバクティ(神への絶対帰依)思想を最初に鼓吹したといわれる。プネー(プーナ)近郊の敬虔なバラモンの家に生まれたが,父がサニャーシー(修行者)の誓いを破ったとして子どもの彼も正統派教学者からバラモンの地位を認められなかった。1290年にネーワサ村で民衆にマラーティー語で《バガバッドギーター》を解釈し,《ジュニャーネーシュワリー》として著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュニャーネーシュワルの関連キーワードトゥカーラームエークナートナームデーオ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android