コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュニャーネーシュワル Jñyāneshwar

1件 の用語解説(ジュニャーネーシュワルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジュニャーネーシュワル【Jñyāneshwar】

1275‐96ころ
西部インド,マハーラーシュトラの聖賢詩人(サントsant)の先駆者で,この地のバクティ(神への絶対帰依)思想を最初に鼓吹したといわれる。プネー(プーナ)近郊の敬虔なバラモンの家に生まれたが,父がサニャーシー(修行者)の誓いを破ったとして子どもの彼も正統派教学者からバラモンの地位を認められなかった。1290年にネーワサ村で民衆にマラーティー語で《バガバッドギーター》を解釈し,《ジュニャーネーシュワリー》として著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュニャーネーシュワルの関連キーワードボンベイマハービーラマハーラージャハーラーダービーマハトマアーラーパナエンドカーラーマハラジャマハーラージャ殺しハードクーラー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone