ジュネーブ聖書(読み)ジュネーブせいしょ(英語表記)Geneva Bible

翻訳|Geneva Bible

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュネーブ聖書
ジュネーブせいしょ
Geneva Bible

イギリス女王メアリー1世の迫害によってジュネーブに逃れた清教徒がカルバンの影響のもとに 1560年訳出した保守的な英訳聖書。章節番号をつけた最初の英訳聖書で,カルバン主義の色彩の強い簡潔な注が付してある。主として,W.ウィッテンガムがティンダル訳を土台にして訳したもので,ウィッテンガム聖書ともいわれる。シェークスピアもこれを愛用し,メイフラワー号に乗ったピルグリム・ファーザーズプリマスにたずさえていったのもこの聖書といわれている。『創世記』3章7でアダムとイブが最初に身に着けた物を従来の「前掛け」とせず,もっと慎み深い breeches (半ズボン) と訳したので,ブリーチェス・バイブル Breeches Bibleと呼ばれることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android