コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーブ聖書 ジュネーブせいしょGeneva Bible

翻訳|Geneva Bible

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュネーブ聖書
ジュネーブせいしょ
Geneva Bible

イギリス女王メアリー1世の迫害によってジュネーブに逃れた清教徒がカルバンの影響のもとに 1560年訳出した保守的な英訳聖書。章節番号をつけた最初の英訳聖書で,カルバン主義の色彩の強い簡潔な注が付してある。主として,W.ウィッテンガムがティンダル訳を土台にして訳したもので,ウィッテンガム聖書ともいわれる。シェークスピアもこれを愛用し,メイフラワー号に乗ったピルグリム・ファーザーズプリマスにたずさえていったのもこの聖書といわれている。『創世記』3章7でアダムとイブが最初に身に着けた物を従来の「前掛け」とせず,もっと慎み深い breeches (半ズボン) と訳したので,ブリーチェス・バイブル Breeches Bibleと呼ばれることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジュネーブ聖書の関連キーワード欽定訳聖書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android