コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前掛け まえかけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前掛け
まえかけ

衣服をよごさないようにきものの上に着ける布。一~四幅 (一幅は約 36cm) の布の両端に紐をつけ,腰から垂らす。多くは膝下までの長さだが,千葉県のハンコ前掛けは膝までの短いもので,ももひきの上に着けた。山形県の一部ではヒジャデといい,膝当ての意味ももっていた。古くは前垂れといい,赤系統のものが多く,下女茶屋女が用いていた。前掛けというようになるのは江戸時代中期からで,徐々に町家の女性も着用するようになり,一般化していった。しかし現在では割烹着エプロンの普及に伴い,あまりみられなくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

前掛け【まえかけ】

腰からひざをおおって衣服のよごれを防ぐ布。普通1幅(約36cm)の布に紐(ひも)を付ける。2〜4幅の広い前掛けのすそを切りあけてに作る地方もある。古くは前垂(まえだれ)といい,赤系統のものが多く,下女や茶屋女がこれを用いたので彼女らを赤前垂と称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まえかけ【前掛け】

衣服の汚れを防いだり手をふいたりするため,からだの前面,おもに腰から下をおおう衣料で,一般的には長方形または方形の布の上部にひもをつけて着装する。女子は腰巻,男子は股引(ももひき)の上から着けることが多く,仕事着の一部であった。前掛けは,江戸時代中期以降の名称といわれ,それ以前は前垂れと呼ばれていた。《延喜式》には袜(まえだれ)の語があるが,これは現行の前掛けというよりも,むしろ裳系統からきた神事のためのものであろうといわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前掛け
まえかけ

衣服の汚れを防ぐため、胴から膝(ひざ)の前を覆う作業用の長方形の布。上部に紐(ひも)をつけて結ぶ。江戸中期までは前垂れの名称が一般に用いられた。地方によっては「めだれ」「めあだり」「たまえだれ」「はんこまえだれ」などといわれた。前掛けにかかわりのあるものに湯巻があり、これは平安時代の貴人入浴の際、奉仕する女性が衣服の上から腰全体を覆ったものである。近代でも「よーの」(四布(よの)、四幅)という腰全体を覆う四幅前掛けを用いる地方がある。桃山時代から江戸中期にかけては、三幅、二幅ものが絵画などに多くみられる。近世になって赤前垂れということばが生まれたが、それは、料理屋、茶屋、湯女(ゆな)などの接客業の女性が、赤い色の前垂れを用いたためで、これを着用した女性をさす名称ともなった。前掛けの材料には麻布や、紺、茶木綿、縞(しま)、絣(かすり)などが用いられ、とくに商人は縞の着物に縞の前垂れ姿が多かった。江戸末期になると、町家の下女などが絹布のものを装飾的に用いるようになった。東北地方では補強を兼ねて、刺子(さしこ)を施したものもつくられた。胸当て付き前垂れは、胸から覆った前掛けで、両脇(わき)に半幅の布を縫い足してある。江戸中期の酒屋、油屋などの小僧たちが専用したので「油屋さん」といわれた。中仕(なかし)前垂れはじょうぶな雲斎(うんさい)木綿を用い、二枚を斜めに重ねてつくり、荷物を肩に担ぐとき、荷のあたる肩に、その一枚をかけて保護した。
 今日では一幅物がほとんどで、また明治末期から用いられた洋風のエプロン、サロン前掛けや、割烹着(かっぽうぎ)、袖(そで)なし前掛けなどが全盛となり、農山村にも浸透している。[岡野和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の前掛けの言及

【仕事着】より

…このほか菅笠(すげがさ),藺笠(いがさ)もかぶった。前掛けは,一幅,一幅半,二幅ものが多く,また胸あてつき前掛けは汚れ作業に用いた。手をおおうコテ,手甲(てつこう),あるいは足を保護する脚絆はばき(脛巾),アクトかけ,履物としては足半(あしなか),わらじ,わらぐつなどをはいた。…

※「前掛け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前掛けの関連キーワード日本のおもな郷土玩具ギャルソンエプロンエプロンドレスジュネーブ聖書マトリョーシカ前垂れ・前垂思量・思料まいどくん南部菱刺し厚子・厚司ディッキータブリエソムリエ油屋さんとしぼう漁師小僧城鍬舞こけし小学生アツシ

前掛けの関連情報