ジュモルチ石(読み)じゅもるちせき(英語表記)dumortierite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュモルチ石
じゅもるちせき
dumortierite

微細な柱状ないし針状結晶が集合して塊をなす鉱物。泥質岩起源の結晶片岩や片麻(へんま)岩中に産する。また、熱水交代性のろう石、粘土鉱床中に、葉(よう)ろう石、カオリン鉱物、白雲母(しろうんも)、石英などと産する。ほかに花崗(かこう)岩質ペグマタイト中にもみられる。フランスの古生物学者ジュモルチE. Dumortierにちなんで命名された。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android