コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろう石 ろうせき

3件 の用語解説(ろう石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろう石
ろうせき

印材,彫刻材,耐火物,窯業原料,農薬などに利用される粘土鉱物を主とする岩石の総称。中生代末から新第三紀中新世流紋岩石英安山岩などの火山岩が,熱水変成作用を受けて生成したもの。本来はパイロフィライト主成分鉱物とする岩石のみをさしていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ろう石

鉱石のひとつ「滑石(かっせき)」の通称で、加工した筆記具「石筆」や落書き用玩具のことも指す。滑石は軟らかく、粉末は化粧品や医薬品などに使われる。全国タルク協議会によると、かつては埼玉県や群馬県、和歌山県などで採れたが、白度の高い輸入物にとって代わられ、30年以上前から国内ではほぼ産出していない。主な輸入先は中国。

(2010-12-19 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ろう石
ろうせき
agalmatolite

(よう)ろう石を主成分とするろうのような脂肪感をもった石。絹雲母(きぬうんも)やカオリンを主成分とする同様な外観をもつものに対しても使われることがある。ダイアスポアの塊を含んだものは、目玉石といって耐火物(るつぼ)の原料となる。クレー原料、耐火物、陶磁器、石筆、印材、彫刻材などに利用される。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう石の関連キーワード滑石滑席末席鉱石落しうちのひと がっこうのひと鉱石の品位水滑石大理石滑石片岩滑石片麻岩滑石斑糲岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ろう石の関連情報