コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューリング Reinhard Süring

2件 の用語解説(ジューリングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジューリング【Reinhard Süring】

1866‐1950
ドイツの気象学者。ハンブルクで生まれ,ゲッティンゲンマールブルクベルリン各大学で学び,1890年ベルリンのプロイセン気象台に入った。1909年にはポツダム地磁気観測所長となった。1901年7月31日ベルソンArtur Berson(1859‐1943)と気球に乗って高度1万0800mに達し,種々の測定を行った。雲に関する研究が多く,36年には《雲》を書いた。ハンの気象学教科書の共著者であり,専門誌《気象雑誌Meteorologische Zeitschrift》の編集者としても知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジューリング
じゅーりんぐ
Reinhard Sring
(1866―1950)

ドイツの気象学者。ハンブルクの生まれ。ベルリン大学に学んだ。1890年ベルリンの気象台に入り、1909年からポツダムの気象地磁気観測所長を務めた。1901年7月31日、気象学者でまた航空家でもあったベルソンA. Berson(1859―1942)とともに自由気球に乗って1万0800メートルまで達し、いろいろな気象観測を行った。1907年以来、ドイツの気象学雑誌『Meteorologische Zeitschrift』の編集者としても活躍した。主著に『雲』(1936)がある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジューリングの関連キーワード岡田武松気象学西ドイツハン統一ドイツ石丸雄吉大石和三郎小倉義光大後美保滑川忠夫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジューリングの関連情報