コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューリング Reinhard Süring

世界大百科事典 第2版の解説

ジューリング【Reinhard Süring】

1866‐1950
ドイツの気象学者。ハンブルクで生まれ,ゲッティンゲンマールブルク,ベルリン各大学で学び,1890年ベルリンのプロイセン気象台に入った。1909年にはポツダムの地磁気観測所長となった。1901年7月31日ベルソンArtur Berson(1859‐1943)と気球に乗って高度1万0800mに達し,種々の測定を行った。雲に関する研究が多く,36年には《雲》を書いた。ハンの気象学教科書の共著者であり,専門誌《気象雑誌Meteorologische Zeitschrift》の編集者としても知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジューリング
じゅーりんぐ
Reinhard Sring
(1866―1950)

ドイツの気象学者。ハンブルクの生まれ。ベルリン大学に学んだ。1890年ベルリンの気象台に入り、1909年からポツダムの気象地磁気観測所長を務めた。1901年7月31日、気象学者でまた航空家でもあったベルソンA. Berson(1859―1942)とともに自由気球に乗って1万0800メートルまで達し、いろいろな気象観測を行った。1907年以来、ドイツの気象学雑誌『Meteorologische Zeitschrift』の編集者としても活躍した。主著に『雲』(1936)がある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ジューリング

生年月日:1866年5月15日
ドイツの気象学者
1950年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ジューリングの関連キーワードクリティカル・パス・メソッドダイナミック・プログラミングジューリング疱疹状皮膚炎オペレーティングシステムコンディショナリティー線状IgA水疱性皮膚症マネジメントサイクルスケジューリング理論エキスパートシステムニュー・パッケージジューリング皮膚炎ME(医用工学)サンジブ シドゥ債務返済繰延べアイドルタイムリスケジュール協調問題解決ジョブ管理IAPDCA

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android