コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由気球 ジユウキキュウ

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐ききゅう〔ジイウキキウ〕【自由気球】

地上につながず、気流のままに浮かばせる気球。観測・探検・娯楽などに用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゆうききゅう【自由気球】

繫索けいさくで繫留せず、気流にのって飛行する気球。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の自由気球の言及

【気球】より

…下に通常籐(とう)製のバスケットをつり下げ,バーナーでプロパンガスを燃して軽い気体を作り,自重約200kgに3~4名の乗員が乗り込んで,高度3kmくらいまで浮揚できるようになっている。飛行は風のまにまに流される,いわゆる“自由気球”で,高度を変えて風速を選び2~3時間は飛行できる。ヘリウム気球は主として高層での観測に用いられている。…

※「自由気球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone