コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高層気象学 こうそうきしょうがくaerology

翻訳|aerology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高層気象学
こうそうきしょうがく
aerology

高層大気気象学。高層大気は高さによってその物理的・化学的性質が異なり,それぞれに特徴ある現象が起こる。成層圏以上の大気中では,真珠雲,オゾン層での日射の吸収とそれによる温度分布,音波の異常伝搬夜光雲,流星,電離層,夜光,オーロラといった現象や,成層圏の突然昇温などが起こり,高層気象学はこれらを研究する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高層気象学
こうそうきしょうがく
aerology

高層大気の構造や高層大気中の現象を研究する学問。山地での気象観測や気球による自由大気(地表面摩擦の影響を受けない高さ約1キロメートル以上の大気)の観測が始まってから20世紀初期にかけては未知の現象が多く、気象学の一部門として重視された。
 高層気象学は、1891年にオーストリアのハンJulius Hann(1839―1921)により、山地の気象観測の結果から高・低気圧は熱的でなく力学的な成因により生じたという理論が出され、1893年、フランスのエルミットGustave Hermiteの探測気球や、1927年のフランスのイドラックPierre IdracとビュローRobert Bureau(1892―1965)のラジオゾンデ開発などによって急速に進歩してきた。とくに、1899年のテースラン・ド・ボールLon philippe Teisserenc de Bort(1855―1913)による成層圏の発見は、高層大気の認識を一変させた気象学における一大発見で、高層気象学の価値を高めた。しかし、それによって気象学全般が大気の立体構造を研究するようになったので、20世紀後半に高層気象学は気象学のなかの独立した一部門としての地位をしだいに失った。
 そのため、高層大気の定義も高層気象学の定義も研究者によってまちまちである。そして、1980年代に入ると、一般の気象学が対象としない高さに未知の研究領域を求め、この領域を超高層大気とよんだり、そうした研究分野をエアロノミーaeronomy(超高層大気物理学)とよんだりしている。しかし、その定義はかならずしも明確ではない。また、観測機器のほとんどが電波機器であるため、その観点からいえば、高層気象学は電波気象学の一つでもある。[股野宏志]
『北岡竜海著『高層気象学』(1956・地人書院) ▽気象庁編・刊『高層気象観測指針』(1995~ ) ▽福地章著『高層気象とFAX図の知識』8訂版(2001・成山堂書店) ▽阿保敏広著『高層気象観測業務の解説』(2001・気象業務支援センター)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高層気象学の関連キーワードジューリング高層気象台アスマンダインズロッチ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android