コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュール‐トムソンの逆転温度 Joule-Thomson's inversion temperature

1件 の用語解説(ジュール‐トムソンの逆転温度の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ジュール‐トムソンの逆転温度【Joule-Thomson's inversion temperature】

ジュール‐トムソン効果*の実験の際に,温度 T のもとで圧力変化 ⊿p に対する温度変化 ⊿T を計算すると次のようになる.

T= { [T(&partial;V/&partial;TpV]/Cp }⊿p

ここで V は気体の体積,Cp は定圧比熱である.この分子の2項はともに温度の関数であるが,その大小によってジュール‐トムソン係数*の符号は逆転する.この分子がゼロとなる温度のことを「ジュールトムソン逆転温度」と呼んでいる.多くの気体ではこの逆転温度は室温より高いが,水素やヘリウムなど,以前,永久気体と呼ばれたものの多くは室温より高い逆転温度を示す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュール‐トムソンの逆転温度の関連キーワードジュールトムソン効果ジュールトムソン効果ジュール‐ケルヴィン効果ジュール‐トムソン係数ジュール‐トムソン効果ジュール‐トムソンの法則ジュール‐トムソンの膨張係数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone