コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョセフソン干渉効果 Josephson interference effect

法則の辞典の解説

ジョセフソン干渉効果【Josephson interference effect】

SQUID(superconducting quantum interference device超伝導量子干渉計)の原理となる現象.一対のジョセフソン接合素子でリングをつくり,その両方の接合による回折効果によって生じる I の干渉現象から,リングを貫くきわめて微弱な磁場を検出するのがDC SQUIDである.ジョセフソン接合を1個だけ含むリングでも,高周波バイアス電流を加えて出力の高周波電流を観測するrf SQUIDがあるが,こちらは本当のジョセフソン干渉効果の利用とはいえないであろう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ジョセフソン干渉効果の関連キーワード磁化脳磁図極低温SQUIDメゾスコピック・エレクトロニクスジョセフソン効果スキッド診断装置超伝導量子干渉素子アーチ形の内の画像を非表示にするイカ(烏賊)

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android