ジョゼフ コットン(英語表記)Joseph Cotton

20世紀西洋人名事典の解説

ジョゼフ コットン
Joseph Cotton


1905.5.15 -
米国の俳優。
バージニア州プッツバーグ生まれ。
17歳で演劇グループに入り、ワシントンDCのヒックマン表現学校で学ぶ。舞台監督助手などを経験した後、舞台で活躍。その後「市民ケーン」で映画デビューし、1949年には「ジェニーの肖像」でヴェネチア映画祭男優賞を受賞。知的で渋い二枚目として安定した人気があった。後にわき役として活躍。その他の作品「ガス燈」「白昼の決闘」「第三の男」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android